비주얼이미지

グループ概要

大韓民国を代表する総合金融グループ、KB金融グループです。

アジア金融をリードするグローバル
金融グループとして生まれ変わります

KB金融グループは 韓国最大の顧客基盤および支店網を有する総合金融グループです。(株)KB金融持株の傘下にはKB国民銀行、KB証券、KB損害保険、KB国民カード、KB資産運用、KBキャピタル、KB生命保険、KB不動産信託、KB貯蓄銀行、KBインベストメント、KBデータシステム、KB信用情報というグループ会社があります。

 
{"type":"image","settingName":"image","image":{"position":"Left","alt":"","mobileSize":true,"gap":{"top":"0","right":"0","bottom":"0","left":"0"},"sizeType":"auto","originalWidth":438,"originalHeight":290,"width":"438","height":"290","widthUnit":"px"},"setting":{"useCaption":false,"maintainRatio":true,"useMap":false,"map":{"type":"circle","coords":"50,50,10","link":"#","alt":"test"}},"imagePopupData":"","backgroundColor":"Not Specified","theme":"none kbImgRadius"}
{"type":"layout","settingName":"layout_2","ratio":[51,49],"changeMobileLayout":false,"useMultiLayout":false,"changeMultiLayout":"","usingSectionPadding":false,"theme":"none"}

KB金融グループは、金融産業のグローバル化の加速、銀行の伝統的業務における収益性の低下、資本市場統合法の導入による資本市場の拡大、総合金融サービスに対するニーズの高まりなど、金融機関を巡る環境の変化に対応するべく全社的な中長期発展戦略に基づき、2008年9月29日に主要な系列会社の株式の包括的移転を行い(株)KB金融持株を設立しました。

KB金融グループは強固な資本力、大規模な営業店ネットワーク、強力な営業力・ブランド力、長い経験で蓄積された内部統制・リスク管理能力、差別化されたオンラインチャンネル、経営理念の最優先である顧客基盤 ・CS(顧客満足度)という独自の要素を生かし、他の金融グループとは違う強い競争力を備えています。

ビジョン(Vision)と価値システム

KB金融グループは、アジア金融市場をリードするグローバル金融グループというビジョンのもと、アジアトップ10、グローバルトップ50へ跳躍するための段階的戦略目標を掲げています。2017年までに、差別化による競争優位を確保し国内リーディング金融グループとしての礎を固め、安定的な資産成長とグループのポートフォリオ改善による収益の成長を図り、2020年までに国内金融マーケットにおけるリーダーシップを回復して参ります。そして、2023年までにアジア金融マーケットを牽引する企業になるようグループの力量を結集していく所存です。

ミッション
(Mission)

世の中を変える金融
お客さまの幸せと、
より良い世の中を作り上げて行きます。

金融を通じてお客さまの幸せな人生の実現をお手伝いし、
より良い世の中を作り上げていく遠大な夢を見ながらそれを実践して行く。

ビジョン
(Vision)

最高の人材と大胆な革新で最も信頼される生涯の金融パートナー

最高の人材が集まり金融パラダイム変化の先陣を切る革新を通じ、
お客さまと生涯を共にする金融グループを目指す。

コアバリュー
(Core Value)
お客さま中心
お客さまの立場と利益を最優先として判断し、意思決定する。
専門性
業界最高水準の力量を持つ金融専門家を目指し絶えずに努力する。
革新リード
未来金融の‘First Mover’としてクリエイティブな考え方と大胆な挑戦を通じ変化と革新を率いる。
信頼と正直さ
金融会社の役職員としての基本資質である倫理意識に基づき、正直さと信義誠実の姿勢を常に保つ。
共に成長
個人と組織の発展を超え、国民と共に成長し社会発展に貢献する。
{"type":"coding","settingName":"coding"}

Organization chart

 
{"type":"image","settingName":"image","image":{"position":"Left","alt":"","mobileSize":true,"gap":{"top":"0","right":"0","bottom":"0","left":"0"},"sizeType":"original","originalWidth":900,"originalHeight":1582,"width":"900","height":"1582","widthUnit":"px"},"setting":{"useCaption":false,"maintainRatio":true,"useMap":false,"map":{"type":"circle","coords":"50,50,10","link":"#","alt":"test"}},"imagePopupData":"","backgroundColor":"Not Specified","theme":"none"}
{"type":"attach_file","settingName":"attach_file","text":"Download PDF","filePath":"/repo/kbfg01/KBFG/WEB/Kor/about/__attachFile/KBFG_org_chart_Eng_20190807.pdf","theme":"none kbDownBtn1 kbDownBtn1-1"}
{"type":"page","settingURL":"./pages/page_setting.html","theme":"kbfg_web_jp","editView":"desktop","desktop":{"width":"900px","padding":{"top":"0","bottom":"0","left":"0px","right":"0px"},"responsive":false},"slideSetting":{"padding":{"top":0,"right":0,"bottom":0,"left":0},"rateWidthPerHeight":"3:2","maintainRate":true,"slideWidth":100,"slideWidthUnit":"%","slideHeight":350,"findPageNum":"0","pageNumPosition":"top","pageNumSize":"30","pageNumStyle":"none","usersNumStyle":""},"tablet":{"width":"768px","padding":"desktop"},"mobile":{"width":"100","padding":"desktop"},"backgroundColor":"Not Specified","styles":{"font":{"size":"","family":"JPN-KBFGTextL"},"lineHeight":""},"slideType":false,"libraries":{"js":[],"css":[]}}